【住宅問題の改善】マンションを良くする大規模修繕工事!

ヘルメットを持つ人

大規模修繕工事って何?

大規模修繕工事とは、マンションの性能を維持し、老朽化を防止するために計画的に実施する、まとまった修繕・改修工事のことを言います。大規模修繕では管理組合が主体となって、長期修繕計画に基づいて計画修繕を行います。計画修繕には修繕積立金が必要で、積立金が充当することで大規模修繕を依頼することが可能になります。

大規模修繕のメリット

大規模修繕工事を行なうことで、オーナー側・入居者側のどちらにもメリットがあります。オーナー側のメリットとしては、マンションの資産価値が向上するということが大きいでしょう。また、居住性を向上させることで、入居者が増えやすいというのも利点です。一方、入居者側からすれば、設備や性能が最新のタイプになるので以前よりも住みやすい環境になるというメリットがあります。

安全性を考慮するなら!

設計管理方式と責任施工方式の二つの方式をご紹介しましたが、安全性を考慮するなら設計管理方式を選ぶことをおすすめします。なぜかというと、設計管理方式なら、監理者がいることで工事のクオリティや品質、建物の安全性を向上させることに繋げることができるからです。

設計管理方式と責任施工方式を徹底比較!

設計管理方式

設計管理方式は、設計や見積もりの精査、施工品質のチェックをしてくれる会社を施工業者とは別に依頼する方式になります。施工業者が提供する品質や価格を監理してくれるので、手抜き工事や資材の過剰発注などを防ぐことができます。

責任施工方式

一方、責任施工方式は、施工を担当する業者に設計から施工、チェックまでの流れを一貫して全て任せる方式になります。設計管理方式とは違い、複数の会社を雇わないので、トータルコストが抑えられる傾向にあります。

[PR]大規模修繕はプロにお任せ!
施工事例を要チェック

[PR]大規模修繕工事の専門業者をリサーチ☆
良心的な価格で対応してくれる

[PR]多くの人が利用している大規模修繕業者
アフターサービスが充実♪

大規模修繕を依頼した人の声

予算内で満足できる仕上がり

大規模修繕を依頼するときに、こちらの予算と仕上がりの希望を伝えたところ、条件に合わせて様々な工事を提案してくれて凄いと思いました。また、工法にもこだわってくれて、満足度できる仕上がりになりました!(男性 41歳)

塗装の品質がかなりいい

塗装にはこだわりたいと施工業者にお願いしたら、塗料を厳選してくれて、素敵な外壁に生まれ変わりました。聞いたところによると、耐久性能や遮熱性能も高く、大規模修繕を依頼してよかったと思える工事でした!(男性 45歳)

まとめ

今回は大規模修繕工事に関する様々な知識をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。大規模修繕は建物を良くするためにも重要な工事になります。そのため、建物の老朽化や劣化に不安を感じている方は、ぜひ大規模修繕工事をご検討ください。

広告募集中